Footloose


<< ビンゴ退院 :: main :: ビンゴ肥満細胞種 その後 >>

ビンゴ肥満細胞種

手術から10日が経過した。
ビンゴは大人しくしている。
エリカラに抵抗するだろと思っていたけど、すんなり受け入れてくれた。
抗生物質の注射は5日間で終わり、今は飲み薬のみ。
最後の注射の日にドレーンも外してもらった。

先日、病理組織診断を聞いた。

皮膚肥満細胞種、グレード掘▲好董璽1a、病変は完全摘出。

グレード靴砲論議哨轡腑奪。
肥満細胞種の外科手術後15ヶ月の生存率はグレード靴任錬隠機鵑箸覆辰討い襦
今後は化学療法を先生に進められた。
ただまだ傷が良くなっていないので、抗がん剤は傷の治りを悪くするので抜糸後からになるようだ。
抜糸は今週の土曜日の予定。

ビンゴが入院中にエリカラの縁で傷つけたとこは血流がなく、壊死する可能性が高いらしい。
自然に落ちるって言われたけど、痛々しくて可哀想。
  
1月25日(術後7日目)ドレーンを外してもらう。
傷がまだ赤い。
 P1040347.jpg

1月29日(術後11日目)
毛が随分生え揃ってきた。
腫れも引いてウエストがでてきた。
エリカラでつけた傷が黒くなって硬く、分厚いかさぶたみたいになっている。
手術の縫合部分の上のとこはくっ付いてきた。
 P1040349.jpg
Dog -
2013.01.29 Tuesday :: - :: - :: edit